成功者に学ぶ♪痩せた!青汁ダイエット

青汁ダイエットとは?

青汁ダイエットとは、青汁を食事にプラスするダイエット方法です。食事制限で置き換えという利用方法もありますが、簡単なダイエットで毎日続けるなら、食事に加えるだけでもOKです。

 

■ ポイント
食事制限ダイエットではないため好きな食べ物が食べられます。ただし何でも良いわけでは無いため、バランスの良い食事を心掛けましょう。1日3食栄養に注意した食事なら何を食べても大丈夫です。

 

青汁がなぜダイエットに良いのかというと、ダイエットに必要な栄養素が含まれているから、そして食前に飲むことで自然と食欲が抑えられるからです。この2つの理由から自然とダイエットに導きやすく、ダイエットしている実感が無いのに痩せられるというわけです。

 

それに毎日水に溶かして飲むだけという手軽さがあるため、長期的なダイエットとしても続けることができます。ダイエットを成功させるには一生続けるくらい簡単なほうが、知らない内に痩せたということになり続けられます。

 

このダイエットに即効性はありませんが、青汁が苦手では無い方は続けやすくなっています。青汁には代謝アップに必要なビタミンやミネラルが含まれ、食べた食事の脂肪や糖質の代謝を高めてくれます。

ダイエットの効果

青汁ダイエットはたくさんの効果があります。青汁に含まれるビタミンやミネラルによる代謝アップ、食物繊維により便秘解消やデドックス、低カロリーな食品でもあるためダイエット中でも飲むことができます。

 

■ ポイント
痩せるポイントは食事の前に飲んでおくことです。たったこれだけで満足感が出るため、食事の量を減らすことができます。青汁に含まれるビタミンやミネラルの力により、食事の脂肪や糖質の代謝を高めてくれます。食物繊維も豊富なため満足感が得られたり、お腹のスッキリ効果が得られます。

 

青汁を毎日食前に飲み続ければ、たくさんの食物繊維で便秘が解消されていきます。便秘はそれだけで体重が増えてしまいますし、腸内環境を悪化させて毒素が腸から吸収されます。青汁に含まれる食物繊維は腸にある有害物質を吸着し便と一緒に出す作用を持ちます。

 

そして、食前に飲むことで自然と食べる順番ダイエットのような効果が得られます。食べる順番ダイエットとは、血糖値の上がりにくいメニューから食べる方法で、青汁を先に飲むのは野菜を食べるのと一緒です。その後に食べた食品の脂肪や糖質の吸収を穏やかにする効果も期待できます。

 

食物繊維も含まれているため、血糖値の上昇を防ぎ、結果的にインスリンの分泌が減るため体に取り込む脂肪が減る仕組みです。

 

長く続けられる

青汁ダイエットの成功者の多くは、青汁を飲むことを長く続けています。とくにダイエットをしている意識は無いのに、食事と組み合わせる方法が定着し、1年にゆっくりと痩せるように変わります。人によっても異なりますが、1年で2kg〜3s程度なら無理なく痩せることができます。

 

■ ポイント
青汁は水に溶かすだけだから簡単、そしてダイエットしている意識が少なくストレスが無いのがポイントです。毎日青汁を飲むのが好きだから続けられたという方も多くなっています。

 

青汁ダイエットを続けていると、青汁にて今まで不足していた栄養補給ができるように変わります。青汁にはビタミンやミネラルが豊富で、現代人が不足しやすい栄養がたくさん詰まっています。太る原因はこれらの栄養が不足していることも少なくありません。

 

栄養がきちんと摂れていると、脳が飢餓感を感じないため自然と満足感が得られやすいのです。青汁ダイエットの成功者の中には「胃が小さくなった」「少しの量でも満足するようになった」「甘い物に走る心配がなくなった」などの声があります。

 

青汁がどうしても苦手な方は、ケール以外の苦くない材料の青汁を選んだり、牛乳で割ると美味しくなります。野菜ジュースなどでも割ることができるため、味は調節できます。

 

おすすめ青汁 

 

めぐり改善効果

痩せている人、太っている人の大きな違いは、体のめぐりによる違いです。痩せている人はたくさん食べても代謝が良いから栄養を蓄えずきちんと消費できています。しかし、太っている人はめぐりが悪いため、少量食べているのになぜか太ってしまいます。

 

■ ポイント
痩せる体質にするには体のめぐりを改善することが大切です。めぐりといっても色々あります。毎日快便である、血液がサラサラ、食事のエネルギーを熱に変えられる、などです。太っている方はこれらの多くが悪いと感じる方も多くなっています。

 

痩せている人に聞くと毎日便が出ているといいます。逆に太っている人は一週間でないのも当たり前で、きちんと老廃物を出していないから代謝が低下している傾向があります。

 

便秘になれば当然血液がドロドロになります。便が長く蓄積すると腸には悪玉菌が増え、悪玉菌が毒素を作りだします。この毒素は腸から再吸収され血液を通り全身に運ばれます。毒素が取り込まれるのですから血液もドロドロでめぐりが悪くなります。

 

血液がドロドロだと今度は細胞に栄養を届けることができず、エネルギーロスが発生します。余ったエネルギーは体の脂肪となり肥満になっていくわけです。このようにめぐりの悪化はすべてが繋がっています。

注意したいこと

青汁を食前に飲むのが青汁ダイエットですが、もうひとつ注意したいことがあります。それはできるだけ食事の栄養バランスに気を付けることです。あまり厳密にやりすぎると、それがストレスとなりますから大まかな栄養補給の摂り方だけ覚えておけば大丈夫です。

 

■ ポイント
食事でも栄養補給を整えて、青汁のパワーを引き出してみてください。これにより青汁ダイエットの効果が高まり、自然と痩せ体質がかないます。ダイエットを成功させるためには、食事の改善が6割などメインとなり、運動習慣は3割や4割と意外と少なくて良いのです。

 

普段の食生活で気を付けるのは、5大栄養素と呼ばれるものを毎日きちんと摂るだけです。学校でも習ったと思いますが、忘れている方が大半だと思いますから、もう一度復習してみましょう。

 

5大栄養素とは炭水化物、たんぱく質、脂質、ビタミン、ミネラルのことです。これらの栄養素は毎日必ず必要なもので、すべての摂取を心掛けると自然と食事のバランスが調います。

 

ダイエットと聞くと、太りやすいと感じやすい炭水化物や脂質を制限しがちです。しかし、これらの栄養素も5大栄養素に含まれていることからもわかるように、毎日の食生活で必ず必要なものです。

 

おすすめ青汁